COBO VISION 3

菌と共に、いのちをつなぐ。

はじめて、人が微生物に出会うタイミングは?

産道を通り生まれ落ちる、その瞬間です。

母親は分娩前、産道に乳酸菌中心の、

微生物コミュニティをつくる、といいます。

 

子どもは、そのコミュニティの「膜」におおわれて、生まれ落ちる。

母乳は、腸内フローラのスターターです。

ビフィズス菌と、その餌となるオリゴ糖を含む母乳は、

子どもの腸内フローラをほぼビフィズス菌100%に近づける。

ここで、病原菌を徹底的におさえます。

離乳期は、何をあげたらよいのか、不安の時ですが、

90歳過ぎのおばあちゃんに聞くと、「食べ物を、噛んで子どもにあげていたよ」と、言います。

口中の酵素で米や野菜は溶かされ、食べやすくなります。

腸内には、植物性の食べ物を好む、

さまざまな細菌が増えていきます。

さらに、兄弟姉妹、家畜やペットの細菌を盛んに交換して、

腸内フローラは多様性をはらんでいくのです。

あなた、というのは100兆個の細菌といっしょに、

生きていくいのちなんだよ。

人と微生物の共生のしかたを、次の世代につなぎたいです。