2O2O-2O21 Winter-Spring 

Team CraftsmanshipDesign 

      { contents }

Method Design : YOSHIMI UEDA + SEIKO HARIYAMA   Fermentation & Graphic Design : YU UEDA                                                                 Produce & Direction : NATSUO UEDA
 

SEIMEI

Lab.

経済成長のために働いてきた私たちは、

コロナウィルスによって、

日常生活が失われていたことに気がついた。

新型コロナウィルスに加え、温暖化、

豪雨、猛暑、大型台風など自然災害。

私たちの生活は、いつのまにか

生命の危機が日常化しています。

日本人は野生の乳酸菌を媒介にして

自然との関係を作る知恵を培ってきました。

古来から幾多の困難を乗り越え、日本人の

いのちを支え守ってきたお米の強い乳酸菌。

再びキッチンに、冷蔵庫に、

リビングに野生の乳酸菌が棲みつきます。

腸内細菌は自分の心臓と同じように臓器の

ひとつとして捉えることによって、

自然免疫力が培われ、いつの間にか、

じぶんや家族の健康や幸せを守ってくれます。

自然との関係性を失った私たちは、

目の前の事実を受け止め、一人ひとりが

主体的にいのちネットワークをデザインする。

生命環境を育む自分マネージメント。

シンプルに、乳酸菌を素材にはたらかせ

MicroFoods をつくりましょう。

生きてる乳酸菌によって、じわじわと自分の

五感が磨かれ、身体に必要なもの、そうでないものの

見極めがつくようになり、不思議にいつもの身体が

軽やかに変わっていきます。腸内に多様な菌を育み、

家族の免疫機能を高めていく食生活。

やがてキッチンに、冷蔵庫に乳酸菌がすみつき、

家の菌環境をととのえてくれます。

家庭の冷蔵庫がKURAになる "MicroFoods"

野生の菌との関わりから、異なるジャンル同士が

お互いをリスペクトして切磋琢磨し、

スキルをレベルアップしていきます。

そんな日本でいちばん生きやすいColonyを

一緒にデザインしませんか?

Green Colonyをつなぐのは、フラットに

関係性をつくる野生の乳酸菌。

人も菌も植物も動物も同じように主体性を持った

同志として、お互いを支配するのではなく、

知恵を出し合い、助け合い、刺激し合い、

循環するつながりの中に自分があることを

実感できるGreen Colony

循環するつながりの中に自分があることを

実感できるGreen Colony

新しい時代に誰もが必要とする新たな価値コモンを

共有できる農業、ビジネス、食文化、医療、健康、

テクノロジー、芸術文化がSEIMEI Lab.チーム

から生まれ、日本各地の同じ志の友とつながり、

世界の友ともつながっていきたい。

都市社会を潜り抜けて、生きもの関係を育む

生命の営みにシフトしたGreen Colony

次世代生活をえがきます。

O1

 no 

O2

 no 

O3

 no 

O4

 no 

O5

 no 

No.1

◎Introduction_  with コロナの生命環境を

育む、自分マネージメント。

食生活は新しいステージへ。

・キッチンに乳酸菌がすみついた。

 MicroFoodsとは

・新しいコロニーをデザインしませんか?

 GreenColonyとは

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020.12.09 (wed) 11:00-15:00

・COBO Lab.自然発酵研究所のミッション

・step1-step5を通して、学んでいくこと

・メンバーの自己紹介+テーマ紹介

・一人ひとりが日常生活の生命環境を

 デザインしていくためのビジョンづくり

 具体的に実現していくための進め方

・チームディスカッション

・自然発酵乳酸菌とは? Level2の特徴/可能性

・五感で把握 みる きく かぐ さわる あじわう

◎MicroFoods

季節の野菜を使った乳酸菌の水キムチづくり。

自然発酵で雑を抑え、消化吸収にすぐれた

アミノ酸、ミネラル、ビタミン、

抗酸化物質などを産生。腸内細菌の多様性を

育み、免疫能力を高めます。

No.2

乳酸菌を媒介に

パーソナルな日常の生命環境をえがく

いのちネットワークデザインを設計する_1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2021.01.13 (wed) 11:00-15:00

・自分がいちばん生きやすい暮らしの場を

 デザインしたい!そんな人たちが描く街でも

 農村でもないコロニー(集落)。バーチャルと

 リアルが融合したGreenColonyとは?

・PDCA サイクル 計画→実行→評価→改善

 リアルタイムで改善していく→質を上げる

・バーチャルなビジョンづくりから、五感で

 リアルなビジョンへ。プロトタイプ進め方

◎MicroFoods

乳酸菌にまかせて、ストックするだけ。

肉・魚がしっとり、やわらか。

事前にタンパク質を適度に分解。肉食の負担、

魚の臭いを軽減します。冷凍劣化を抑え、

下味冷凍も一味レベルアップ。

No.3

乳酸菌を媒介に

パーソナルな日常の生命環境をえがく

いのちネットワークデザインを設計する_2

・メンバーによるテーマの

 プロトタイプの発表、意見交換。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2021.02.13 (sat) 11:00-15:00

・プロトタイプからビジョンのジャンプを

 はかる。人や社会にとってどれだけの価値?

◎MicroFoods

菌が生きている調味料をストック

no sugar、自然界のあまみで暮らしを彩る。

素材のあまみ、うまみ、かおりを引き出した

発酵調味料。冷蔵庫にストックしておけば、

味の幅が群と広がります。

一緒に食べる食材の消化を促す? 

No.4

乳酸菌を媒介に

パーソナルな日常の生命環境をえがく

いのちネットワークデザインを設計する_3

・プロトタイプ→作品にレベルアップ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2021.03.24 (wed) 11:00-15:00 

・人に伝えるプレゼンテーションの仕方

・SNSの新しい活用の仕方 

GREEN Colony ネットワークデザイン

◎MicroFoods

からだをいたわる食

ストレスやプチ不調、ファスティング後の

回復食、離乳、介護、アスリートに。

からだに負担をかけず食材の栄養をきちんと

吸収したい。感覚に訴えかける美しい色、

かおり。食べる楽しみも大切にする食。

No.5

自然発酵乳酸菌を媒介にして、具体的に

生命環境をデザインするスキルを身に付ける

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2021.04.17 (sat) 11:00-15:00

・ビジョン&コミュニケーションシステムの取得

・コミュニケーションツールデザイン、

 作品、製品発表

・乳酸菌ドリンク&レシピで修了パーティ

・それぞれの今後に向けて課題の進め方

◎MicroFoods

・GREEN Colonyアプリネットワークの進め方。

ひとりワインの乳酸発酵おつまみ

ひとり時間を楽しむときは、No? Cooking!

気持ちが前向きになる、簡単発酵おつまみ。

>> No.2以降は多少プログラムの変更があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自然発酵研究Program 2020春夏

連続5回講座

>> 単発でのお申込みも受付しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎日程

No.1  2020.12.9 wed.  11:00-15:00

No.2  2021.1.13 wed.  11:00-15:00

No.3  2021.2.13 sat.  11:00-15:00

No.4  2021.3.24 wed.  11:00-15:00

No.5  2021.4.17 sat.  11:00-15:00

◎料金

5回連続申込 60,000円(税込)

単発申込 13,000円(税込)

◎定員 8名

>>> 講座申し込みフォーム

◎お問合せ labo@cobo-net.com

case

O1

NEW SYSTEM 

NETWORK DESIGN

GREEN COLONY

デジタルのバーチャルな世界と

自然のリアルな関係性をつなぐ。
新たな生命環境をえがく人たちが、
乳酸菌Level2をメディアに
ネットワークを構築しプロジェクトを

生み出すアプリ「Green Colony」

開発。微生物コロニーによる
フラクタル構造のUIデザイン。

MASANORI SONODA

   X

COBO

case

O2

食 養生

何十年もの間、薬に頼り騙し騙し

生きながら、脳で食べてきたように思う。

摂食障害で、完全に低血糖症を

引き起こしていた。

乳酸菌生活を日々の暮らしに落とし

込んでみた。自分の体に変化が起こる。

現在、食べることが楽しめるようになった。

娘へのお弁当を毎日つくるのが喜びです。

(好きなおやつを食べなくなった娘が言う。

食事を整えると人は変わると。)

SATOKO SUGASAWA

case

O3

オリーブ乳化水

新しい生活様式や不自然なものを、

選択の自由がなく、強制されかねない

社会の中で、今こそ自然とはなにかを

考えることが多くなりました。


スキンケア開発の経験から知った、

肌本来の乳化膜という保湿。

オリーブオイルのとの関わりで知った

「水と油」を含む奇跡のような果実が、

乳酸菌が関わることで何か新しいものが

できるのではないか。

数千年におよぶ東洋と西洋の自然の恵で、

世界をつなぐものができたら・・・。

AYUMI KUDOU

case

O4

さまよえる

都市生活者だからこそ

新時代の乳酸菌

人はいかに都市生活でリラックスを
勝ち得ることができるか。
家の冷蔵庫を乳酸菌KURAととらえて、
食素材にいる乳酸菌を媒介にして、
生きものとの対話に喜びを見つける。

EIKO ORKNEY

case

O5

美容室UTALIIのメニューに、

”健康”が入っています。

UTALIIは、からだの内外の常在菌

からお客様の健康を考える美容室。

健康状態が反映される髪質、

頭皮の状態を判断し、

自然発酵乳酸菌LEVEL2 をもとに、

食生活や健康をアドバイスする

データをつくりたい。

MUTSUKI OSHIMA

case

O6

藍レボリューション

伝統的な藍染に、

自然発酵乳酸菌のシステムで

レボリューション。

藍が生き生きと輝きを放ち始めた。

藍染工房と乳酸菌を使った料理で

CAFEもはじめた。

ATSUKO KUSHIRO

case

O7

土壌プロジェクト

人と異なる生きものとの関係性の

システムをデザインする。

様々なジャンルの課題は、

自然との関係性を失っていることに、

原因があることが多い。

自然との関係性を再構築していく

ネットワークデザインシステム。

COBO

case

O8

乳酸菌フレグランス・ミスト

家の菌環境のデザインをするときがきた。

この冬は、乾燥と低温が課題になるという。

コロナウィルスの飛沫が部屋に浮遊する

からだ。部屋の湿度を40%〜60%に

保ちたい。調香師のASANOさんは、

乳酸菌フレグランスの研究を重ねている。

地域の森の野性的な生き物たちの

かおり信号を乳酸菌によって引き出し、

絶妙にブレンドして家の中に森の空間を

作り出す。加湿器を使って、

乳酸菌フレグランスをミストにする。

HIROTAKA ASANO

 

ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

ブラウザやOSの種類によっては、

左の「講座申し込みフォーム」に

警告メッセージが表示される、

又は何も表示されないことがあります。

その場合はお手数ですが、

以下の項目をコピー&ペーストして、

labo@cobo-net.com​  までお送りください。

氏名:

年齢:

住所:

電話番号:

メールアドレス:

お申し込み希望講座:

最近参加した講座:

備考:

現在募集中の講座:

満席になり次第〆切りにさせていただきます。

参加を希望される方は早めのお申し込みをおすすめします。

 

【参加規約】

・18歳以上の方。

・参加規約がある教室もあります。

 

​​>>申込みフォームにてお申込み内容送信後、

4日以内に受付のご案内メールをお送りします。

 

>> 4日たっても返信がない場合はご連絡下さいますようお願いします。

特にフリーメール(gmail,yahoo, hotmailなど)を使用している方に、

こちらから送信したメールが迷惑メールとして

扱われるケースがあります。また携帯電話のアドレスをご使用の方は

labo@cobo-net.com からのメールが受信できるよう

設定をお願いいたします。

 

>> 満席になりました教室は〆切りとさせて頂きます。

ご希望の方はキャンセル待ちのご登録をさせて頂きます。

 

>> 定員に満たない場合、教室の開催を中止することがございます。

 

>> 受講料のお支払いについて

​事前にお振込頂いております。

詳細は、申込後のご案内メールにてお知らせ致します。

 

>> お申込み後の変更・キャンセルについて

お席の確保、材料の準備のため、以下の通りキャンセル料を

いただいております。あらかじめ、ご了承くださいませ。

 

講座2日前のキャンセル → 受講料の50%

前日のキャンセル → 受講料の80%

当日のキャンセル → 受講料の100%

 

スケジュールや内容を再度ご確認の上、

お手続き頂きますようお願い申し上げます。

 

>> 教室終了時間が多少延長する場合がございます。

>> キャンセルや欠席などによるお振替はしておりません。

>>「親子参加OK」と記される教室を除き、

お子様の参加はご遠慮いただいております。

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

COBOウエダ家